大学生・さとPの日記です! 多趣味ですので、いろいろなことについて語ってます。 主には、野球の話、「踊る大捜査線」の話、山崎まさよしの話、ユースケ・サンタマリアの話ですw
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
春の雪
2005-11-03 Thu 17:27
観てまいりましたよおー

「春の雪」

妻夫木聡&竹内結子のアレです。

大正時代を舞台に、貴族の息子と娘の恋愛話。

感想はですね…。
チョット、ネタバレになるんですけど…。

清顕!!お前が全部悪いんだろ!!

この一言です。

この映画は、清顕(妻夫木)の成長物語でもあると思うんですけど、気付くのが遅すぎます!
恋愛ってこんなものなのかな…。
また、昔の時代を舞台にした恋愛物語って、あまり救われないのが多いですよね。
今みたいに、身分の差をぶち破って一緒になるとかないですもんね。
恋愛に対する大どんでん返しがない。
そこが、いいところなのかもしれないですけど。

三島由紀夫の書く物語は奥が深いというかなんというか…。
革命を起こした人ですからねぇ。
凡人には理解不能なところも多いです。

なにより、私が若すぎるんです…。

数十年後にもう一度観たら、何か見方が変わるのでしょうか…。

もし、この映画を観た(もしくは、原作読んだ)という方いらっしゃいましたら、この理解不能な若造に一言を…。

そういえば!!
この「春の雪」にも亀Pが関わっておりましたわよw
エンドロールをボーっと観てたら「亀山千広」の文字が。
つい、傾けていた首が真っ直ぐになりましたわよw

さてさて。
次は、私でも感情移入できそうな「Always-三丁目の夕日-」を観に行こうっと。
今週からだったよね…。


スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:5 | トラックバック:2 | top↑
<<あれあれ? | さとの“踊”日記 | ユースケがエール>>
コメント
こんにちは。

自分は映画は観ていないのですが、小説は以前、読んだことありますよ。^^
確かに、自分も分かったようで、よく分からなかった。
昔の人の表現力は豊かということです。
僕もまだ×2青いなぁ…。
2005-11-04 Fri 02:34 URL | 不幸を呼ぶカエル急便 #-[ 内容変更] | top↑
★ きよさま・・・
原作、よんだ??

清は気づいていて、やきもちを焼いたりして、意地悪をしてたんですね・・・。
その焼きが回って、っというかちょっと?やりすぎちゃって、
やりすぎちゃってる間に、縁談進んじゃったんですねええ・・・。

原作読むとわかるとおもうよん。

清は最初からきづいていることが。
2005-11-04 Fri 07:49 URL | chinochino #-[ 内容変更] | top↑
★ カエル急便さま。
表現が難しいのかなぁって思います。

小説も読んでみようかなw
2005-11-04 Fri 18:58 URL | さとP #-[ 内容変更] | top↑
★ chinochinoさま。
映画でも、清様が最初から聡子への恋心に気付いてたというのは分かるんです。
でも、それを認めたくなくて、いろいろとやってしまう。
それを友人の本多さんに指摘されるというシーンもあるんですけど、どうも、この手の映画は私には難しいです。
となりに座っていたオバチャンが大泣きしていたのですが、「え!?」って思っちゃったし。
2005-11-04 Fri 19:00 URL | さとP #-[ 内容変更] | top↑
★ う~ん
原作しか読んでないからわからないけど、
原作読んだら・・・わかることもあるかもよ??

若いもなにも若い人の話・・・だよ・・・ねえ??これ。

映画、むずかしくなっちゃってるのかなあ。
原作はかなり単純だと思うけどなあ。
10違うと思考カイロ違うのかなあ・・・・。
なんとなく中学から人格的に成長していないような・・・
きがしないでもない・・・。
気のせいか??
2005-11-04 Fri 19:47 URL | chinochino #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
春の雪
「愛しては、ならない。」このキャッチコピーが全て。「世界の中心で、愛を叫ぶ」や「北の零年」で、いま飛ぶトリ落とす勢いの映画監督 行定勲フィルム「春の雪」は、あまりにも儚く哀しく美しい、愛の物語。観ました。泣けました。 …
2005-11-03 Thu 19:55 お気楽極楽スクリプト
春の雪
渋谷の渋東シアターで「春の雪」を見てきました。 妻夫木聡と竹内結子主演で大正時代を舞台に切ないラブストーリー映画。 監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督で、 原作は三島由紀夫の「豊饒の海」シリーズの第1作「春の雪」を映画化。 大正時代の華族の華やか …
| さとの“踊”日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。