大学生・さとPの日記です! 多趣味ですので、いろいろなことについて語ってます。 主には、野球の話、「踊る大捜査線」の話、山崎まさよしの話、ユースケ・サンタマリアの話ですw
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
いつもふたりで #5
2006-02-19 Sun 23:11
サブタイトル『決意のキス』

 部屋に篭城したり、いろいろとありましたが瑞穂は完全に吹っ切れて復活した模様。
復活早いけど、まあいいやw
央子は不破さんに会うために態々不破事務所へ。
態々と言っても、すぐ上だしねw
でも、マネージャーさんからチクリ。
不倫は辛いねぇ。

 作家さんのパーティーへ出かけた瑞穂と社長。
そこで、不破さんやハチと遭遇。
社長はハチをライバル視している模様。
あーあー。

あーあーといえば、手塚さん。
「秋雨に濡れながら」を書いた高校生です。
彼女は、楓書房より帝国出版を選びました。
まあ、気持ちはわかりますが、何の前触れもなく勝手に変えちゃうなんて非常識だ!!
結局は瑞穂と会い、和解したわけですが、何か微妙。
この子の小説が爆発的にヒット!とかいう感じに進むのかと思ってたら出鼻を挫かれた格好です。

ハチさん酔って帰宅。
瑞穂から央子を不破から「取っちゃえば?」なんて言われたもんだから勢いで「好きだよ」と。
いいんじゃないですか?
あの女は手ごわいと思いますが。

早速ハチは央子をラーメン屋に誘う。
サブタイトルが「決意のキス」だからって、ここでキスですね。
もちろん、ラーメン屋じゃないですよw
帰りのエスカレーターです。
告白付き。
こんなストレートな告白も久々に聞いたような気がする。
それにしても、長谷川京子の演技は微妙だと言い続けてきましたが、このシーンでの「やめてください!」にはちょっと迫力がありました。
ここだけは、認めますw

ホッシーとナガナガってやっぱりオタクだったんだ…。
フィギュアの即売会って…。
私には理解できないところですw

キス長げぇよw

というわけで、5話終わり。
スポンサーサイト
別窓 | 『いつもふたりで』 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<R-1ぐらんぷり | さとの“踊”日記 | アカデミーメモ>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| さとの“踊”日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。